建築ニュース
道新幹線新函館北斗―札幌間トンネル掘削率は65%

鉄道・運輸機構が進める北海道新幹線新函館北斗―札幌間整備のトンネル工事進捗状況が分かった。総延長16万8926mの65.6%に当たる11万869mの掘削を完了。主なトンネルの掘削率では、立岩トンネルルコツ工区が100%に […]

続きを読む
建築ニュース
「帝国ホテル」が9月で開館100周年!

「帝国ホテル」が9月で開館100周年! 東宝製ミニチュア模型も圧巻 近代建築を代表する建築家の1人、フランク・ロイド・ライトが設計した旧帝国ホテル・ライト館が2023年9月1日に開館100周年を迎えます。ライト館はすでに […]

続きを読む
建築ニュース
左官のショールームが完成しました!

左官をもっと身近に!見て触れて体感してください。 現在、左官業界は建設業界の中でも特に高齢化が進むと同時に(60歳以上が52%(2020年国勢調査より)、若年者の採用と育成も少ないため、あと10年後には左官職人が半分にな […]

続きを読む
建築ニュース
BIMの新たな資格制度はじまる。

BIMの新たな資格制度「BIM利用技術者試験」知識試験の「2級」を6月19日より開始! 「BIM利用技術者試験」は、BIMの技術や知識を体系化し、企業がBIM人材を獲得する際にどの知識や技術を求めているかを視覚化すること […]

続きを読む
建築ニュース
「残コン」100%の骨材を利用した舗装

静岡県伊豆の国市の駐車場の舗装工事で、残コン・戻りコンを100%利用した骨材を用いてコンクリートを打設した。この工事は「カーボンプール(CP)コンクリート」と呼ぶ環境配慮型コンクリートの実用化に向けた取り組みの一環でもあ […]

続きを読む
トップニュース
2025年にBIM確認申請を試行、期限を切った国交省の本気度

2022年末、国土交通省は25年にBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)確認申請を試行すると宣言した。明確な目標を示したことの影響は大きい。建築界はBIMの普及に向けて新時代に突入しそうだ。建築BIM推進 […]

続きを読む
建築ニュース
地震に強い日本の伝統建築

紀元前5世紀のギリシャ文明を象徴するパルテノンの列柱構造が耐震建築の模範と考えられるのは、縦線(柱)と横線(梁(はり))で空間を区切る主要素(架構(かこう))となっている点である。手加工で切りそろえた巨石を木製のダボ(接 […]

続きを読む
建築ニュース
愛される建築を目指して

第18回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館、テーマは「愛される建築を目指して」 2023年5月20日から11月26日までイタリアのヴェネツィアで開催される「第18回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展」の日本館にて、 […]

続きを読む
建築ニュース
建材を最大限活用する日本の木材生産者に利益は届いているのか?

画一的な木材で効率化するアメリカ  資源を最大限活用する日本 日本の戸建住宅は木造が主流だ。木造といっても軸組工法や2×4工法、 木質パネル工法などさまざまな手法があるが、中でも国内では軸組工法が古くから浸透し […]

続きを読む
建築ニュース
新たな建築アワード「みんなの建築大賞」創設

魅力的な建築をより多くの人に知ってもらいたい!という願いで発起 建築系の編集者や建築史家など有志約30名により、新たな建築アワードを創設することとなった。 主旨は既存の建築賞は、建築界の権威付けにはなっても、一般の人に全 […]

続きを読む
あ・ら・かると
モエレ沼公園でアートとカメラを楽しむ”お散歩旅”

彫刻家イサム・ノグチにより、公園全体が一つの彫刻作品として設計されたモエレ沼公園。元廃棄物処理場が23年の歳月を経て札幌を代表するアートパークとして再生しました。その雄大な姿は「大地の彫刻」と呼ばれ、訪れる時間や移り変わ […]

続きを読む
あ・ら・かると
日本の先進的トイレを恋しく思うWBC米記者

帰国後に落胆「米国は石器時代のようだ」 野球のWBCで東京プールを取材した米記者は帰国後:日本のトイレのギャップに驚いている様だ。「ビデと暖房便座がないのは地獄」と落胆している。「米国に戻ってみたらまるで石器時代に来たよ […]

続きを読む
建築ニュース
建築分野のBIM活用25年度目標、建築確認を効率化

国土交通省は建築分野でBIM活用を推進する新たなロードマップをまとめた。建築確認を担う指定確認検査機関や特定行政庁がBIMデータの提出に対応できるよう、まずはCADやPDFの図面を用いた電子申請の普及を急ぐ。独自システム […]

続きを読む
建築ニュース
JR山手線渋谷駅、なぜ島式ホームに戻ったのか?

マイナビニュース JR山手線渋谷駅、なぜ島式ホームに戻ったのか? JR山手線渋谷駅の線路切換工事が1月6日深夜から1月9日早朝にかけて行われた。 渋谷駅は、埼京線ホームが山手線ホームと並んだときはかなり便利になった気がす […]

続きを読む
建築ニュース
建設3Dプリンター、大型土木構造物にも適用の予定

建設テック 建設3Dプリンター、大型土木構造物にも適用の予定 22年2月、国土交通省土佐国道事務所の道路改良工事において、 3Dプリンターで印刷造形した集水升を本設構造物として設置。 それを皮切りに、建設3Dプリンターの […]

続きを読む