ニューススクラップ>社員の囁き 戻る

  2011年04月28日 社員の囁き 支笏湖ルアー釣り、半年がかりで小さいのがやっと一匹。
 


支笏湖ルアー釣り、半年がかりで小さいのがやっと一匹。
釣れたスプーン紹介します。

昨年8月、モーラップキャンプ場にて、遊び半分で特売ルアーセットで釣ったアメマスをきっかけにはまること半年、月に2回ほど通い、やっと釣れた一匹。30cm代と小さいながらも嬉しい一匹。
釣具屋さんに沢山の種類のルアーがありますが、結局誰でも釣れるルアーは少ないのかもしれません。
いろいろ試して手ごたえのあったのはこのスプーンでした。
中型の真っ赤なトラウト(多分ヒメマスのパーマーク)のチェイスもありましたし。瑞穂ダムでのニジマスの実績もあるルアー。
もったいぶりましたが、兄からもらったスミス 旧ピュア 5g アワビ張り ブラック/ゴールドでした。
定番の金色ベースに、一部が黒、光をあてると紫がかったピンク色。
引き方はダダ引きではなく、ゆっくりフワ〜っと上へ引き上げてフォールを中心とした動き。
フォール中に少し巻きました。
時間帯は、日の出後1時間と日の入前1時間。湖面の波立つ際くらいを狙ってキャスト。
今年はこのやり方で攻めてみます。釣果があがればまた報告させていただきます。