ニューススクラップ>社員の囁き 戻る

  2010年4月2日 社員の囁き 阪神甲子園球場リニューアル工事全て完了
 


阪神甲子園球場リニューアル工事全て完了
3っの手法により球場外壁にツタを再生させます

2007年10月から、第3期にわたるリニューアル工事が完了。
第1期:内野エリア(座席、売店、トイレ、喫煙室) 2007年10月〜2008年3月
第2期:アルプス・外野エリア(銀傘の架け替え、照明塔・EV新設) 2008年10月〜2009年3月
第3期:外構エリア(外構整備) 2009年10月〜2010年3月
皆さん、ご存知の甲子園外壁のツタですが、リニューアル工事に伴い撤去されました。
しかし、@既存のツタから種子を採取し、奈良、和歌山両県の農地で数千本の苗木を育成。
A既存ツタの再植樹、Bツタの里帰りの手法で球場外壁にツタを再生させます。
完全再生には、約10年かかるそうです。
今年はトラ年。阪神タイガースの年です。
リニューアルされた新甲子園球場で2005年以来の優勝、1985年以来の日本一をめざします。
「打倒!!巨人!!」「打倒!!パリーグ優勝チーム」
(Bツタの里帰り 平成13年の全国高等学校野球選手権大会開催時に全国の高野連加盟校へ
贈られた苗木を里帰りさせる。参加校のツタは233校)