ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

new 2021年9月8日 建築ニュース 空き家をよみがえらせ街を再生
  毎日新聞
空き家をよみがえらせ街を再生
荒物屋店主も兼ねる建築家の願い

主宰する設計事務所は街のシンボル・高岡大仏近くに立つ築120年の土蔵造りの建物 を5年前に改修したもの。かつて荒物屋として使われた店の雰囲気を生かし、 設計業務とともに荒物屋「大菅商店」の店主も兼ねている。
畑違いの荒物屋を始めたのは、一人の市民の立場で、建築のクライアントだけでなく誰 でも気軽に入れるような、コミュニティーの拠点を作りたかったからだ。
古い建物を改修する際には、一度解体を始め、解体した建材を生かす方法を考えながらデザインを 考える「解体建築」という独自の手法を取り入れる。古い建材の良さを生かしながら廃材も減らせる。
一方で建築を使う人の「安全が担保できるか」という基礎はおろそかにしない。安全で、丈夫で、 美しい建物づくりを信条とする。自ら手がけた“作品”を核に、人通りが減って久しい高岡の 中心商店街で「閉まったままのシャッターを開けていく手伝いができれば」と願う。

このような記事がありましたので、ご紹介します。

参考記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/4babe02ad4fddae0029d2c29d2f2ddd1599e7acf