ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

2022年3月28日 建築ニュース 高層建物がもっと面白くなる!
  yahooニュース
建築デザインの自由度を増す新ルール「天空率」とは

建築基準法の厳しいルールのため、理想の建物デザインが実現できない…。
このような設計士の嘆きを聞くことがあります。建物の形状や高さ制限で 部屋数が取れない、あるいは、取れても天井が低すぎてしまう…といった問題です。
これらの解決策として「天空率」を活用する方法があります。理想の建物デザインを 叶える「天空率」とはどのようなものでしょうか。一般の方向けに平易に解説します。
建築基準法には厳しいルールが設けられています。
たとえば「斜線制限」というルールでは、建物の形状や高さが 制限されて思うように部屋数が確保できなかったり、 仮に確保できたとしても、天井が低い屋根裏のような 部屋しか造れないといったことが起こります。

このような記事がありましたので、ご紹介します。

参考記事
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb3b8952ac5a3fbbe740d4c986d1eab44f82f516