ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

2019年2月14日 建築ニュース 建設業就業者が増加/18年は5万人増503万人
 
建設業就業者が増加/18年は5万人増503万人

建設業への就業者が増えている。総務省が1日発表した労働力調査(基本集計) 結果によると、18年(1〜12月)の平均(速報)で503万人と、前年に比べ5万人増 (増減率1・0%増)となった。15年(502万人)以来3年ぶりとなる500万人台に 回復。過去10年間で09年(522万人)、14年(507万人)、10年(504万人)に 続き、同数の12年と並び4番目に高い水準だった。
2020年東京五輪関連事業などで一時的に建設需要が大きく増えている ことが影響しているものと思われます。

このような記事がありましたので、ご紹介します。

参考記事
https://www.decn.co.jp/?p=105353