ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

2017年8月2日 建築ニュース 骨の構造をヒントにした鋼
 
骨の構造をヒントにした鋼

あまり目にしないですが、重要な高強度鋼が私たちの生活を進化させるかもしれません 骨の持つ、階層的な微細構造を応用することでヒビが入っても 他の部分に広がらない鋼を実現させたとのことです。地味なニュースに聞こえますが、 この研究結果は私達の生活に大きな影響を与えるかもしれません。
住宅からオフィス、電車、車、飛行機とありとあらゆる物に鋼は使われています。
そして長く重さに耐えることで疲労を起こしてしまい、その結果壊れてしまうことがあるわけです。
疲労破壊に対する耐久度の高い、高強度の鋼が生まれることで、 ただ建築物や乗り物が安全になるだけでなく、これまでに不可能だったデザインが 可能になるかもしれません。意匠的に面もあり強度があるという事は 耐久度を保持するために必要な鋼の量が減り、製造などのコストが下がる可能性もあります。
又、他の鋼材にも応用が考えられており、ますます期待されております。
このような記事がありましたので、ご紹介します。