ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

2017年7月6日 建築ニュース JR札幌駅周辺で大型ビル解体相次ぐ 今秋には順次着工へ
 
JR札幌駅周辺で大型ビル解体相次ぐ 今秋には順次着工へ

2017年度に入り、JR札幌駅周辺で延べ1万m?を超える大型物件の建設に向けた解体が相次 いでいる。大同生命保険(本社・大阪)が計画する札幌駅前通の札幌大同生命ビル建て替えや 北海道ガス(同・札幌)の新本社ビルなど、判明しているものだけでも3件。いずれの施設も秋ごろ から順次着工する見通しで、今後は大型クレーンがそびえ立つ現場を目にする機会が増えそうだ。
この他、JR札幌駅北口で京王電鉄(本社・東京)が新ブランドの「京王プレリアホテル札幌(仮称)」 新築を計画。取得した北区北8条西4丁目にある既存建物に仮囲いをするなど、解体準備が進む。
札幌駅周辺では18年度も大型物件の着工が相次ぐことが予想されている。タワー型マンションや 商業施設、ホテル、オフィスなど4棟で構成する北8西1地区の再開発ビルや、北1条西5丁目の 北海道放送本社ビル建替えといった計画が明らかになっており、今後も建設ラッシュが続きそう。
このような記事がありましたので、ご紹介します。

参考記事
http://e-kensin.net/news/article/9618.html