ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

2017年2月3日 建築ニュース 札幌冬季版ナショナルトレセン、屋内施設は4万uで構想
 
札幌冬季版ナショナルトレセン、屋内施設は4万uで構想

札幌市は23日、冬季版総合ナショナルトレーニングセンター(NTC)の整備構想案を明らかにした。
医科学施設やトレーニング施設など合わせて延べ約4万m?の屋内施設と、 屋外・その他設備の整備を見込んでいる。詳細は2019年度までにまとめるとのスケジュールを描いている。
冬季版NTCの想定機能には医科学施設や競技別・一般トレーニング施設、 宿泊・サービス施設、屋外・その他設備を挙げた。
整備候補地はNTC競技別強化拠点など競技施設が多く、アクセス性も良い札幌市内を想定。
具体的には各競技施設とのアクセスや公共交通、立地条件、周辺環境を考慮して建設地を検討する。
19年度までに構想をまとめ、19―22年度のスケジュールで国が整備すると想定している。


このような記事がありましたので、ご紹介します。



参考記事
http://e-kensin.net/news/article/9397.html