ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

2016年12月9日 建築ニュース 「家事シェアハウス」、大和ハウス、半田に展示住宅。
  日本経済新聞 地方経済面 より
「家事シェアハウス」、大和ハウス、半田に展示住宅。

大和ハウス工業は28日、愛知県半田市で家事の分業や負担軽減を狙いとした戸建て住宅 「家事シェアハウス」を報道陣に公開した。帰宅時に小物を片づけやすくする各人専用の シューズロッカー=写真=や、洗濯機やアイロンなど家事に必要な道具を1カ所にまとめる空間を 設けている。
「家事シェアハウス」は女性の職業従事比率が高い富山県で始まり、同様の傾向がある北陸や 中部地方の13カ所でモデルルームを展開。半田市の「家事シェアハウス乙川西ノ宮町」では、 家事負担の軽減に役立つ7つの設備を置き、リビングの片付けを最小限にできる「家事シェア 動線」を確保した。
大和ハウスは7つのうち3つ以上の設備と動線を確保する家を「家事シェアハウス」と定義し、 住宅オプションとして売り込む。2017年1月から全国展開を始め、注文住宅で年150棟、 分譲で70棟の契約を目指す。
フルオプション価格は現在65万円程度だが、需要の拡大によってより価格を抑えられるという。

このような記事がありましたので、ご紹介します。


参考記事
https://messe.nikkei.co.jp/ac/news/134756.html