ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

2016年11月18日 建築ニュース 性能とコストを最適化した木造ゼロエネビル
  日経アーキテクチュア より
性能とコストを最適化した木造ゼロエネビル

2019年から、欧州連合(EU)域内の全ての新築の公共建築物は年間のエネルギー使用量が ほぼゼロとなる。ドイツ連邦環境庁の新しいオフィスビルは、「Haus 2019(2019年の建物)」と 名付けられ、2019年からの基準を先取って実践することを目的として2013年に完成した。




このような記事がありましたので、ご紹介します。


参考記事
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/column/20150528/701610/102800008/