ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

  2016年6月22日 建築ニュース 破風面の波打ちを抑える片流れ棟換気
  日経アーキテクチュア より
破風面の波打ちを抑える片流れ棟換気

 トーコーは、破風面の波打ちやたわみが発生しない片流れ屋根用の棟換気「片流れ 双快」を発売しています。
 これまでの片流れ棟換気では、破風面にくぎ打ちして固定していたため、波打ちやたわみが生じて意匠性を損なうことが多かったですが、「片流れ 双快」は、破風面にくぎやビスを直接固定しない独自の「壁側スペーサー」を使うことにより、波打ちのない美しい仕上がりを可能としました。さらにくぎ打ちによる雨水の浸入のリスクも解消しています。
 独自技術の「大型止水板スライド構造」により、金属屋根材と化粧スレート屋根材の両方に対応しています。これまでのように、金属屋根材用と化粧スレート屋根材用の異なる棟換気をそれぞれ在庫管理する必要がなくなり、在庫の削減に効果を発揮します。現場での取り違えミスの防止にもなります。対応勾配は、金属屋根材が0.5〜6寸、化粧スレート屋根材が2.5〜9寸です。

このような記事がありましたので、ご紹介します。



参考記事
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldproduct/14/675669/051300199/