ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

  2016年3月18日 建築ニュース 愛知)有松絞りの産地の町並み、後世へ 名古屋・緑区
 
愛知)有松絞りの産地の町並み、後世へ 名古屋・緑区

有松絞りの産地として知られる名古屋市の有松地区(緑区有松)が、今月にも市の「伝統的建造物群保存地区」(伝建地区)になる。規制の網をかけて、江戸時代から残る歴史的な町並みを後世に残そうとする、市では初の取り組みだ。県内2件目の、国の「重要伝統的建造物群保存地区」(重伝建)も目指す。
名鉄有松駅のほど近く、緩やかに曲がる旧東海道沿いに、豪壮な商家が連なる。木造2階建ての外壁は白や黒のしっくいで覆った「塗籠(ぬりごめ)造り」、瓦ぶきの屋根には「うだつ」も見える。
江戸時代の大火を経て施された防火対策といわれる。
市は、名鉄と国道1号に挟まれた範囲(21・6ヘクタール)を、建築行為が規制される地区計画区域に決定。うち旧東海道沿いの7・3ヘクタール(約150軒)を伝建地区にする。
伝建地区内では建築行為が許可制になり、建物の建築の際には、景観を損なわないように定めた基準を守らなければならなくなる。

このような記事がありましたので、ご紹介します。



参考記事
http://www.asahi.com/articles/ASJ2B4J6MJ2BOBJB002.html