ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

  2016年1月15日 建築ニュース コンクリートだけで防水する工法
  日経アーキテクチュアトップ より
コンクリートだけで防水する工法

 タケイ工業は、防水剤であるタケイ液を用いて水密性の高いコンクリートをつくる防水工法「タケイ進化コンクリート法防水」を責任施工しています。
 屋上陸屋根、地下構造物、水工構造物などをコンクリートだけで防水できる工法システムです。
90年以上にわたり広く採用されており、施工実績は7万件を超えています。
綿密な事前打ち合わせを行った上で、現場に立ち会い、管理する責任施工を行っています。
 現場で同社の職人が生コンクリートにタケイ2号液(水和反応を促進する混和剤)を混入し、ミキサー車で混練して水密性の高いコンクリートをつくります。打設後4週間くらい経ってから下地処理を行い、最後にコンクリートの水密性を一段と向上させるタケイ3号液(養生液)を散布します。
 コンクリート自体を防水にするという考え方で、丁寧に打設すればコンクリートは水が漏れることはないということを、数々の施工実績で示しています。防水保証は10年。無機質な素材を使っているので雨や風にさらされてもコンクリートの極端な劣化がなく、メンテナンスも容易です。

このような記事がありましたので、ご紹介します。







参考記事
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/bldproduct/14/675669/122500104/