ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

  2015年10月9日 建築ニュース 193メートルマンション…免震構造で日本最高55階
 
193メートルマンション…免震構造で日本最高55階

三菱地所レジデンス(東京)などは1日、2017年10月完成予定の超高層マンション「ザ・パークハウス 中之島タワー」(大阪市北区)のモデルルームを公開した。
高さ193メートル、55階建てで、免震構造を持つマンションとしては日本で最も階数が多いという。最高価格は2億円を超える見込みで、11月上旬に発売する。
中之島タワーは、京阪中之島駅から徒歩2分の距離にあり、上層階からは大阪と神戸の湾岸エリアが一望できる。総戸数は894戸で、1戸の広さは40〜148平方メートル。
価格は2000万円台後半〜2億2000万円台後半で、家族連れや富裕層、海外の投資家ら多様な購買層を想定している。54、55階の22戸は価格が1億円を超える「億ション」になる予定だ。1階には商業店舗を誘致し、梅田方面へのシャトルバスを運行する。基礎部に特殊なゴムを使った免震構造を採用し、地震が発生した場合に室内の家具や建物そのものの損傷を減らせるとしている。

このような記事がありましたので、ご紹介します。



参考記事
http://www.yomiuri.co.jp/life/homeguide/news/20151002-OYT8T50092.html