ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

  2015年4月24日 建築ニュース 「地球温暖化対策アクションプラン2050」/建築学会
  建築通信新聞 より
「地球温暖化対策アクションプラン2050」/建築学会

 日本建築学会(吉野博会長)は13日、提言「地球温暖化対策アクションプラン2050」を発表した。 2009年に建築関連17団体がまとめた提言「建築関連分野の地球温暖化対策ビジョン2050」を踏まえ、2050年までに既存ストックも含むすべての建築で二酸化炭素を極力排出しない「カーボンニュートラル化」実現を目指す。  アクションプランでは、政策的提言、研究開発テーマ、人材育成、横断的連携、海外との情報共有の5つの提言から地球温暖化への具体的な対策を掲げる。 このような記事がありましたので、ご紹介します。



参考記事
http://www.kensetsunews.com/?p=46691