ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

  2015年4月13日 建築ニュース ExcelでBIMモデル! 開発した設備技術者が博士号
  ケンプラッツ より
ExcelでBIMモデル! 開発した設備技術者が博士号

須賀工業の三木秀樹氏は今年3月、首都大学東京から工学博士号を授与された。
現在59歳の三木氏は、約20年にわたり社内外で3次元CADやBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の業務や技術開発で得た知見をもとに、BIMモデルを表計算ソフト「Excel」のマクロ機能を使って効率的に作成する方法を研究にまとめた。
その成果を「建築設備分野におけるBIMの課題と解決手法に関する研究」という論文にまとめ、今年3月に首都大学東京から工学博士号を授与された。
その内容は、身近な表計算ソフト「Excel」を使ってBIMでの設計に使うBIMパーツを効率的に作成したり、配管のルートを自動的に設定したりするというユニークなものだ。
このような記事がありましたので、ご紹介します。



参考記事
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/it/column/20150327/696029/?ST=building