ニューススクラップ>建築ニュース 戻る

  2015年2月16日 建築ニュース 高齢期に備えたリフォームとは
  YOMIURI ONLINE より
高齢期に備えたリフォームとは

子どもが独立して空き部屋が増えたことなどをきっかけに、リフォームを考える人は多い。
高齢期に多いのは、浴室やトイレの改修、壁紙の張り替えなどを中心とした2〜300万円のリフォーム。壁紙を替えるなら、将来手すりを付けそうな場所には、ねじが打てるよう木製の下地を入れておこう。また、扉を取り換えるなら、引き戸にできるか検討を。引き戸の方が高齢者には使いやすい。引き戸の方が間口を広く取れるので、家具や車いすの移動も楽にできる。
寝室を、日当たりや風通しがよい部屋に変えることも検討しよう。在宅介護などを利用する際に、簡単な工事で出入り口をつくれるかどうかも、大切な視点だ。
専門家の意見を聞きながら、間取りや動線を見直し、将来の生活を具体的にイメージして備えてほしい。
このような記事がありましたので、ご紹介します。




参考記事
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/feature/CO007512/20150121-OYT8T50038.html?from=yrank_ycont