ニューススクラップ>あ・ら・かると 戻る

2017年1月30日 あ・ら・かると BIMデータを数分でVRで使えるデータに変換
  アイティメディア より
BIMデータを数分でVRで使えるデータに変換

オートデスクは2016年9月20日に会見を開き、同社のBIMソフト「Autodesk Revit」(以下、Revit)で 作成したBIMデータを、VR(バーチャルリアリティ)機器やタブレット端末などで活用しやすい 3Dデータに変換できるクラウドサービス「Autodesk Live」を発売すると発表した。
Revitのアドインとして、同年9月下旬からオートデスクのオンラインストアで販売する。
以下略
当社も構造体まではBIMにある程度対応できるソフトで算出していますが、今後様々な方面での BIMデータの活用が期待できそうな記事ですね。


このような記事がありましたので、ご紹介します。

参考記事
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1609/23/news039.html