ニューススクラップ>あ・ら・かると 戻る

  2016年2月19日 あ・ら・かると 札幌市が水素タウン構想策定へ
  北海道建設新聞社 より
札幌市が水素タウン構想策定へ
冬季五輪選手村も対象に

札幌市は最短で2026年招致を目指す冬季五輪の選手村などを対象に、「水素タウン」実現に向けた検討に乗り出す。
水素エネルギーで電力などを賄う水素タウンの創出という記事がございました。
水素タウンってなんだろうと疑問を持ち調べてみると設置した水素ステーションからパイプラインを通じて各施設や住宅などへ水素ガスを供給、その水素ガスより発電し蓄電池でエネルギーをつくる仕組みのようです。
いつかは、ガスや灯油に代わり水素ガスの時代が来るのでしょうか。
興味深い話です。