ニューススクラップ>あ・ら・かると 戻る

  2015年7月21日 あ・ら・かると ル・コルビュジエ×日本
 
ル・コルビュジエ×日本

西洋建築の模倣から始まった日本の近現代建築は、モダン・ムーブメントを受容する中で日本独自の発展をとげ、今日に至っている。その過程において、近代建築界の巨匠であるフランスの建築家ル・コルビュジエ(1887-1965)の作品と思想は、日本の建築界に多大な影響を及ぼした。本展では、日本の近現代建築において、ル・コルビュジエがどのように発見・受容され、展開したかを、パリのアトリエで学んだ3人の弟子たち(前川國男、坂倉準三、吉阪隆正)の活動を中心に探るとともに、日本におけるル・コルビュジエ唯一の実作〈国立西洋美術館〉(1959)の建設経緯と建築の魅力を紹介する。

期間:2015年7月21日(火) - 11月8日(日) 10:00〜16:30
会場:文化庁 国立近現代建築資料館(東京都文京区湯島4-6-15)
入場方法:▼展覧会のみ閲覧(平日のみ利用可能)         
事前申込の上、湯島地方合同庁舎正門よりご入館ください。入館無料。
詳細:http://nama.bunka.go.jp/kikak/

このような記事がありましたので、ご紹介します。


参考記事
http://nama.bunka.go.jp/kikak/