ニューススクラップ>あ・ら・かると 戻る

  2015年4月17日 あ・ら・かると スイスの道路工事現場に試験的に導入されたロボットスーツ
 
スイスの道路工事現場に試験的に導入されたロボットスーツ

装着可能な「アイアンマン」タイプのロボットのおかげで、道路工事や建設現場の重労働-が過去のものになるかもしれない。 ジュネーブの道路建設現場では、仏ストラスブールの-エンジニアが開発した ロボットスーツを土木作業員が実際に着用し、作業をしたそうです。 日本でも大和工業ハウスがロボットスーツを開発・製造して作業の負担を40%軽減することができ、職人の減少や、高齢化に進む昨今で期待がもたれれているそうです。

このような記事がありましたので、ご紹介します。



参考記事
http://architecturephoto.net/38370/