お困りではありませんか
皆さんが建物を新築・改築・増築する時、および建物の老朽化や使い勝手を良くする為の大規模な修繕・改修・リフォームなどする時に身近に適切なアドバイスをしてくれる「 相談者 」がおりますか。また以下の事柄で「 お悩み 」 ではありませんか。

○ まず自分たちが描いている構想を誰に相談すれば良いか?
○ 設計はどこに委託すれば良いか? また委託者の選定方法は?委託費用は?
○ 設計の内容は妥当か?(プランは?使用している建材・材料の種別は適正か?)
○ 工事はどこと契約すれば良いか?また建設会社の選定方法は?
○ 設計・工事契約書はどの様な書類で行うべきか?
○ 契約書および契約関連図書の内容が把握できるか?
○ 工事内訳明細書(工事見積書)の内容・妥当性が判断できるか?
   ・建築に使用する材料(コンクリート・木材・屋根材・外壁材等)の数量は適切か?
   ・建築に使用する材料(コンクリート・木材・屋根材・外壁材等)の単価は適切か?
   ・工事に必要な段取り費(共通費・直接仮設費)の考え方や単価は適切か?
   ・見積書の内容(項目名称・内容)が適切に把握できるか?
○ 瑕疵担保保障履行法(平成21年秋施行)は知っているか?

など「一般建主」の方は「自分自身で解決をしなければいけない事柄」が意外と多いものです。
また、最初に設計者や施工者に相談を持ちかけた場合、多くの「一般建主」の方は、最初の相談者に依頼をしなければならない 「しがらみ」に縛られるのが大変多いように思います。